湖水地方ニア・ソーリーへビアトリクス・ポターを訪ねて ヒル・トップとタワー・バンク・アームズ

traffic sign at Near Sawreyイギリス
スポンサーリンク

ニア・ソーリーへの行き方

Near Sawrey(ニア・ソーリー)はWindermere(ウィンダミア)湖の西側にあります。

Near Sawreyへ公共交通機関を使用する行き方は2通りあります。

1つ目は、Windermere湖を渡るルートです。船とバンの接続も良く、Windermereから行くには最も速くわかりやすい行き方です。

Bowness
船:Windermere Lake Cruise (Cross Lakes Shuttle) 15分 
Ferry House
バン:The Cross Lakes Experience 525番 7分
Hill Top (Near Sawrey)

料金はBowness-on-WindermereからNear Sawreyまで片道£6.65、往復£11.80です。

もう1つの行き方はHawkshead(ホークスヘッド)を経由する方法です。

Windermere Station
Stagecoach社 バス505番 約40分
Hawkshead
バン:The Cross Lakes Experience 525番 7分
Hill Top (Near Sawrey)

時間帯によっては乗り継ぎの接続が悪いことがあるので、計画を立てる時は時刻表を確認してください。また、Stagecoach社の乗車券ではThe Cross Lakes Experienceのバンには乗れません。

ヒル・トップ

Near Sawreyで最も観光客が集まる名所がHill Top(ヒル・トップ)です。

Hill Topは昔Beatrix Potter(ビアトリクス・ポター)が住み、仕事場として使用していました。

元々はファームハウスで、今もHill Top Farm(ヒル・トップ・ファーム)という牧場を管理している家族が住んでいます。

現在は自然保護団体のNational Trust(ナショナル・トラスト)が管理しており、このHill TopはNational Trsutが管理する建物の中で最も訪問者数が多いのだそうです。

Google MapのHill Topの場所はチケット売り場を指しており、実際の入口はTower Bank Armsよりも右にあります。

入館料は£11.80です。ガーデンのみは無料で入ることができます。

チケットを買う時に入場時間を指定されるので、早めにチケットを購入した方が良いです。

私は10:30に到着して10:45の入場券を買うことができました。

いつも観光客でごった返しているので、もし日程に余裕のある人は金曜日にも訪れるのがお薦めです。

金曜日はHill Topの休館日で、建物の中に入ることはできませんが、ガーデンは自由に見て回れ、土産物店も開いています。写真を邪魔されずに撮影できます。

Beatrix Potterは自身の著作の中でHill Topを数多く描いています。

Peter Rabbit(ピーター・ラビット)やその仲間たちの絵本を読んだことがある人にはきっと懐かしい風景がそこかしこに現れ、絵本を片手に歩き回りたくなると思います。

Narrow road to Hill Top
Hill Topに通じる小道
Main building of Hill Top
藤の花に囲まれているHill Top
White gate of Hill Top
白い門が灰色の石垣に映えます

建物の中はBeatrix Potterが使用していた当時のまま保存されています。

フラッシュをたかなければ内部の写真撮影も可能です。

Beatrix Potterが描いた絵と実際の部屋を比較できるように、各部屋の窓辺には絵本が置いてあります。

また、各部屋にはNational Trustの係員がいて、質問すれば何でも答えてくれました。

ヒルトップの建物の内外に遊び心たっぷりの人形が置いてあり、それを見つけるのも楽しいです。

ガーデンにはハリネズミの人形が覗いています。ぜひ見つけてください。

Pygmy Hedgehog at Hill Top garden
庭にいたハリネズミ

Hill Topの内部についてはビアトリクス・ポターが描いた風景と実際の風景を比較 100年前の風景が残る湖水地方に記事を書いていますので、ご覧ください。

タワー・バンク・アームズ

Hill Topを出て、左に行くとTower Bank Arms(タワー・バンク・アームズ)というパブがあります。

この外観もBeatrix Potterは描きました。

Tower Bank Arms
入口の時計が特徴的なTower Bank Arms

17世紀に建てられたらしく、内部は古くて温かみのあるパブで、ゆったりとした空気が流れます。

暖炉もあり、思ったよりも広くて居心地が良かったです。

私はここでサンドイッチとビールをランチに注文しました。サンドイッチが£6.00、ビールが£1.90です。

Bar Counter in Tower Bank Arms
内部は伝統的なパブという感じ

バックル・イート

Buckle Yeat(バックル・イート)というB&B(ベッド・アンド・ブレックファスト)はいつもきれいな花に囲まれています。

ゲストルームが6部屋あるそうで、いつか宿泊してみたいB&Bの1つです。

Buckle Yeat

湖水地方の小さな村 ニア・ソーリーへビアトリクス・ポターを訪ねて カースル・コテージとモス・エクルス湖に続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました