ロンドン行きの飛行機は高い?おすすめ航空会社と買い方のコツを紹介!

Haneda Airport

さあ、ロンドンに行こう!と決めたら、まず最初に航空券を買いますよね。

どの航空会社が良いんだろう?やっぱり航空券って高い…。

約12時間もすごす飛行機ですから、満足がいくサービスもあって、しかも安い、そんなフライトの探し方とおすすめの飛行機を紹介します。

目次

私が使ったことのあるロンドン線から厳選したおすすめの飛行機4社

私はほぼ毎年イギリスを旅行しています。今までに利用した航空会社は10社以上!

その中から私が乗って良かったと思う航空会社4社を紹介します。

やっぱり日本の航空会社が一番安心!JAL(日本航空)

Japan Airlines

私が一番よく使う航空会社です。直行便で楽ですし、私にとってあまり疲れない時間帯のフライトがあるのも大きなポイント。

私がいつも乗るのは、羽田空港11:20発-ロンドン15:50着と、ロンドン19:20発-羽田空港翌日15:15着の組み合わせです。

往路の朝は早すぎず出発できて、ロンドン到着後ものんびりできますし、復路もロンドンを観光する時間があり、日本到着時間も遅すぎず、旅の疲れをいやせる時間帯なんですよ。

JALは日本の航空会社なので、日本人の客室乗務員が往復ともにいます。

英語が苦手な人には日本語が通じることはありがたいですよね。

機内食も日本人向けの味付けで食べやすいですし、機内エンターテイメントも最新映画や慣れ親しんだテレビ番組があるので、飛行機の中で飽きることがありません。

直行便で日本の航空会社なので、料金は比較的高めですが、一番安心できる飛行機です。

尾翼のユニオンジャックで乗る前からイギリス感満載のブリティッシュ・エアウェイズ

British Airways

ブリティッシュ・エアウェイズはイギリスを代表する航空会社の一つです。

尾翼のユニオンジャックのデザインに憧れて乗りました。

同じく直行便ですが、JALより比較的安めの料金設定です。

機内食の味や機内エンターテイメントはJALの方が日本人向けに感じますが、ギャレーに行くとイギリスのチョコレートや日本のカップヌードルがもらえるのは小腹が空いた時にありがたいサービスです。

また、2019年の創立100周年を記念して、クラフトビールで有名なBrewDogが機内で醸造したというビールも飲むことができます。

安さで行くならキャセイ・パシフィック航空

Cathey Pacific

私が乗り継ぎ便で一番よく利用するのが香港のキャセイ・パシフィック航空です。

航空券が安いのに、サービスも良い航空会社として人気があります。

前の席との間隔が約81cmで他の航空会社より広く、感覚的にゆったりできるのが嬉しい点。

その反面、海外の航空会社なので、機内エンターテイメントに日本語版が少ないことが英語が苦手な人にはつらいかもしれません。

所要時間は乗り継ぎ時間にもよりますが、20時間くらいはかかります。

香港乗り継ぎ時の中国人たちのマナーがもう少し良ければ、ありがたいかな。

最高水準のサービスがあるエミレーツ航空

Fly Emirates

エミレーツ航空はアラブ首長国連邦の航空会社です。

機内サービスが素晴らしいとの評判で、エコノミークラスでもアメニティが座席に置いてあってびっくりした覚えがあります。

アメニティは歯ブラシ、靴、アイマスク、耳栓とステッカーが小さなポーチに入っていて、かわいいので記念に持って帰って来ました。

機内エンターテイメントの映画も豊富ですが、日本語吹き替えの映画は少ないです。

所要時間はドバイ乗り継ぎで21時間以上かかるので、結構な長旅になります。

ドバイは金で有名なので、空港のそこかしこにゴールドのアクセサリーが売られていて見るのが楽しかったです。

ロンドン行きの航空券を買う前に知っておきたいこと

実際ロンドンの往復チケットを購入する時は、何を基準にフライトを決めれば良いのでしょうか。

フライトを選ぶコツと買い方を確認していきましょう。

直行便か?乗り継ぎ便か?

A woman watching outside from the window of the airplane

日本からロンドンへ飛ぶ飛行機は、直行便と乗り継ぎ便があります。

直行便はJALやANA、ブリティッシュ・エアウェイズといった日本もしくはイギリスの航空会社が運航しています。

乗り継ぎ便はその他の国の会社が運行しているフライトで、他の空港で飛行機を乗り継ぎます。

直行便は約12時間のフライトで、料金が比較的高く設定されていますが、体力的に楽です。

乗り継ぎ便は17時間から22時間くらいかかりますが、その分値段は安めです。

ヨーロッパの国経由の方が所要時間は少ないことが多いです。

私は昔は乗り継ぎの空港も楽しみたくて、色々な航空会社を利用していましたが、今は疲れてしまって直行便ばかりを選んでいます。

自分の体力と予算との相談でどちらを選ぶか決めると良いですね。

ロンドンに行くのはいつか?

Beating Retreat

ロンドンのハイシーズンは6月から9月にかけてで、日も長く、日本のようにジメジメとした暑さでないので過ごしやすいですが、その分、航空券の値段も上がります。

逆に年末年始を除いた11月から12月、1月から2月は航空券が安くなります。

私は旅行費節約のためによく1月2日出発でロンドンに行っていました。

1月1日の航空券は高額なのに、1月2日に料金がガクッと下がっていることが多いんですよね。

実際1月1日までは世界各国から観光客が集まり、ホテルも混みますが、1月2日には観光客が一気に減ります。

まだクリスマスバーゲンも終わっていないし、イルミネーションも残っているので、個人的にお気に入りの日程です。

航空券を購入するのはいつが良いか?

online shopping

多くの航空会社が330日前に国際線の航空券を売り出します。

チケット代金は空席の数によって決まるので、旅程が決まっているなら早めに購入しましょう。

航空運賃の他に高額なのが、燃油サーチャージです。

燃油サーチャージは航空会社ごとに決め方が異なりますが、JALとANAは2か月ごとに先の2か月分を見直していきます。

燃油サーチャージは購入日ベースで請求されるので、出発日に値上げされていても差額の支払いはありません。

燃油サーチャージが安い時に航空券を買うだけでもかなりお得です。ちなみに2020年12月現在、燃油サーチャージは0円です!

また、海外の空港税を安くするなら、円高の日に購入するのもアリです。

ヒースロー空港の空港税はかなり高く、来年の往復航空券を買ったら24040円の税金がかかっていました。

ヒースロー空港の空港税はポンドを日本円に換算しているので、円高を狙うと安くすることができます。

できる限り安く航空券を買うには?

安い航空券を比較するのに便利なものが、スカイスキャナーというサイトです。

最適プラン、最安プラン、最短プランの3種類が表示され、初めて利用する人にもわかりやすく、感覚的に絞り込んでフライトの検索ができます。

私は基本JALですが、JALが予算オーバーした時にスカイスキャナーで他の航空会社の料金を比較しています。

行く気がなくても検索していると思わぬ安い日が見つかったりするんですよね。

ロンドンに行くと決めたら、定期的にサイトをチェックして、どの日程、航空会社が安いのかを調べておくと航空券を安く購入しやすいです。

ロンドン行きのおすすめ飛行機と買い方のコツまとめ

  • 直行便と乗り継ぎ便なら乗り継ぎ便が安い!
  • 年末年始を除いた11月から12月、1月から2月が最安値!
  • 燃油サーチャージが安く円高の日がねらい目!
  • スカイスキャナーを定期的にチェック!

ロンドンに行くのに、私のおすすめの航空会社と、航空券を購入する時のコツを紹介しました。

ロンドン旅行で最も高額なのが航空券なので、うまく購入して節約していきましょう。

浮いたお金は、現地のおみやげ代金や食事代にできますね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる