肩こりさん必見!低反発ネックピローGUAPOを使った私の口コミを紹介!

この記事では実際に低反発ネックピローGUAPOを使った私の体験レビューをお届けします。

飛行機に乗っている時に、肩や首がこってしんどい思いをしたことはありませんか?

私は日ごろから肩こり、首こりを持っているので、それを感じるだけで旅行が台無し。

特にイギリスへのフライトだと苦痛の時間が12時間にもなってしまいます。

そこで、色々調べて購入したのがGUAPOというネックピローです。

旅行だけでなく家でも使える優れモノですよ。

目次

初めてGUAPOを知る方へ:ネックピローGUAPOとはこんな枕です!

measuring GUAPO neck pillow

GUAPOはNHKの番組「おはよう日本」で紹介されたり、雑誌mina 1月号にも掲載されたりした人気のネックピローです。

低反発素材を使ったネックピローですが、中にくねくね曲がる芯が入っていて、様々な形に曲げられます。

GUAPOを使った私の体験レビュー

一番気になるのは使ってみてどうだったか?ということですよね。

以下、5つの項目に関して、具体的に説明していきます。

GUAPOを持ち運ぶには大きいかも?

measuring GUAPO neck pillow
長さは約70cm
measuring GUAPO neck pillow
太さは約9cm
measuring GUAPO neck pillow in a bag
付属の巾着袋に収納すれば約20~23cm四方になります

GUAPOは長さ約70cm、円の直径は約9cmあります。

くるくる丸めると約20cm四方の大きさになり、付属の巾着袋に入れることができますが、折り畳み可能な膨らませ式よりは大きいです。

GUAPOの重さは約460g!結構重いかな?

weight of GUAPO neck pillow
重さは約460g

GUAPOは中に芯が通っているので、その分重く感じます。重さを量ると約460gありました。

軽さを求めるなら、芯のないネックピローの方が良いかもしれません。

枕の硬さはそれぞれの好み。GUAPOの硬さはどう?

Squeezing GUAPO neck pillow

枕の硬さ・柔らかさは、その人の好みや感覚なので、何が良いとは言えません。

GUAPOはギュッと握ると芯に触れます。

実際に首に当てても、芯が首に当たることはないので気にはなりませんが、結構柔らかい印象です。

私の好みとしては、もう少し硬めでも良いかなと思います。

様々な形になるので自分の首にもフィットする!

measuring GUAPO neck pillow

枕をU字形に使う人が多いと思いますが、片方を上に向けて頭を預けることもできます。

私はJ字形にして、首に巻き付けるようにして使っています。その方が首が固定されるような気がして。

他にもカーブを緩やかにして腰に当てたり、太ももの下に置いて少し足を上にあげることもできます。

妹にGUAPOを貸した時は、かなり使いやすくて、ぐっすり眠れたと好評でした。

枕カバーが洗えるので毎日清潔に使えるね!

open the cover of GUAPO neck pillow
カバーは取り外して洗濯可能です

枕カバーは綿100%で、肌触りが良いです。

機内で汗をかくことは少ないと思いますが、肌に直接触れるものなので、カバーが取り外し可能で洗うことができるのは嬉しいですね。

また、替えカバーを別売りしているのもよく使うならありがたいです。

GUAPOを使っている他の人の口コミ・評判をご紹介します!

ここではAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの各販売サイトの口コミと評価を紹介します。

Amazonの総合評価は4.1

Amazonの口コミには、やはりクネクネ曲げて自分の思い通りの形にできるのが良いという意見が多数寄せられています。

自分の思い通りの形にできるので、首が小さくて他のネックピローでは大きすぎるという人にもフィットしているようです。

Amazonの口コミを見る

楽天市場の総合評価は4.56

楽天市場の口コミは、旅行だけでなく自宅でも重宝しているというものが多いです。

また、素材が軟らかいので、大人から子供まで、首を悪くしている人でも使えるという口コミもあります。

使う人を選ばないグッズのは購入しやすいですね。

楽天市場の口コミを見る

Yahoo!ショッピングの総合評価は4.32

Yahoo!ショッピングでは、肌触りが良いという口コミが多いです。

私も化学繊維が肌に当たるとチクチクすることが多いので、枕カバーが綿100%なのはありがたいです。

Yahoo!ショッピングの口コミを見る

GUAPOには他のネックピローにはない特徴もあるよ!

他の会社の商品とは、ひと味違ったGUAPOのメリットを2つご紹介します。

日本のメーカーが作っているから安心感が半端ない!

amazonなどでネックピローを検索してみると、ちょっとおかしな日本語の宣伝文句が書かれている商品もありますが、GUAPOは日本のメーカーで、安心感があります。

購入商品とともに手書きメッセージも付いてくる!

GUAPO message card

購入した商品には手書きのメッセージカードが付いていて、親しみがわきます。

中国製の安かろう悪かろう商品ではなく、GUAPOの商品に誇りをもってらっしゃるのだなと感じます。

GUAPOを実際に使って感じた2つのデメリット

GUAPOのデメリット
  • 少し重くて大きいので、カバンの容量を占める
  • 少し柔らかめ(柔らかい枕が好きな人にはメリットになります)

私の場合、GUAPOとエアーオットマンの2つを入れると、手荷物リュックの半分の容量を占めます。

芯が入っている分、膨らませ式や芯のないネックピローより大きく重くなるのは避けられません。

機内持ち込み手荷物が多くなるのが嫌な人は、膨らませ式のネックピローが良いと思います。

また、私にとっては枕が少し柔らかいと感じました。

ただ、人により枕の硬さの好みがありますので、一概にデメリットとは言えない部分ですね。

GUAPOを実際に使って感じた5つのメリット

GUAPOのメリット
  • 色々な形に曲げられるので、自分に合った形にできる
  • 腰や太ももに当てても気持ちが良い
  • 枕カバーを洗うことができ、替えのカバーも別売りで購入可能

色々な形に曲げることができ、自分の心地よい形にフィットさせることができるのが、最大のメリットです。

このメリットのおかげで、首だけでなく、腰や太ももに当てることも可能となります。

また、カバー無しで使用するネックピローが多い中、枕カバーを洗えて、しかも、替えのカバーを別に買うことができるのも嬉しい。

使うたびに毎回カバーを洗っています。

GUAPOを使った私の総合評価は4.3

重さや大きさなどのデメリットもありますが、自分の好きな形にできるメリットが本当に大きいです。

家族に使わせても首がしんどかったという声は全くなかったので、誰にでも合わせられるネックピローなのだなと思います。

ただ、人の体は十人十色なので、私には良い枕でも、それぞれ感じ方が異なると思います。

GUAPOがあなたにとっても気持ちの良いネックピローであると嬉しいです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる