イギリスバックパッカーの旅で便利なもの トップ10!

私は約2か月間、イギリスを旅していたことがあります。その時の宿泊はユースホステル。

この記事では、イギリスでユースホステルに宿泊した時に便利だったものを紹介します。

イギリスでも売っていますが、慣れない土地で探す労力と時間が勿体ないですし、日本の方が安く好みのものを吟味して買うことができます。

旅に必要なものを出発前に揃えておくことをお薦めします。

目次

第10位 ドミトリーの必需品!耳栓

バックパッカーが泊まる場所で多いのは他人と同質のドミトリーですね。

私の場合、同室の人が大きないびきをしていて寝られないことがありました。

音に敏感な人は持って行くと便利です。飛行機の中でも使えます。

第9位 イギリスの乾燥気候に!のど飴

イギリスは夏でも湿気が少なく、日本よりも乾燥しているので、のどがイガイガする時になめたくなります。

イギリスにもトローチ等が売られていますが、初めて買う時はどれが良いのかよくわからないですよね。

私は最初持っていなくて、のどを痛めた時に現地の人にHalls Soothersというのど飴を教えてもらいました。

日本人にはHoney and Lemon(はちみつレモン味)が口に合うと思います。

Boots(ブーツ)というチェーン店が大きな駅や町の繁華街にあるので探してください。

第8位 ユースホステル宿泊でなくても持って行く!ビニール袋

バックパッカーでなくても持って行く人はいると思います。

イギリスでもスーパーの袋は有料ですので、ビニール袋をショッピングバッグ代わりにしたり、毎日洗濯することができないので汚れ物を分けたり、ごみを入れたりするのに使います。

軽くてかさばらないので、スーツケースに何個か入れておけばOK!

第7位 ユースホステルの冷蔵庫を使うなら必須!油性ペン

ユースホステルには共用キッチンや冷蔵庫があります。

自分の食糧には名前を書かなければならないので、油性のサインペンがあると困りません。

私は太いマッキーペンと普通のサインペンを持って行きました。

もし持って行かないなら、イギリスでは大きな駅や町の繁華街にWH Smithという文房具や本を売っているチェーン店の取り揃えが豊富です。

WH Smithには自社ブランドの油性ペンを売っています。
https://www.whsmith.co.uk/products/whsmith-permanent-marker-fine-nib-black-ink/0000033475974.html

第6位 イギリス滞在中の飲料代を少しでも安くできる!水筒

スーパーなどで売っているミネラルウォーターは2リットルのものを買うと安いです。

でも、2リットルのペットボトルを持ち歩くのは重いし邪魔なので、観光の際は水筒に入れ替えます。

私はイギリスの水道水を飲んでいたので、ペットボトルの水を買わずに済みました。

紅茶を作って水筒に入れることもできるので便利です。

注:イギリスの水道水は硬質で体に合わない人もいます。

第5位 ユースホステルでの洗濯に便利!洗濯用ネット

ユースホステルには有料の洗濯機があります。

ネットに洗濯物を全部入れて洗うことで、服の取り忘れを防げます。

着た服をそのままネットに入れておけば洗い忘れもなく便利です。

第4位 ユースホステルでの盗難防止に必要!南京錠

ドミトリーでは大きな荷物をロッカーに入れるように指示されることがあります。

そのロッカーには必ずと言っていいほど鍵が付いていません。盗難を防ぐためにも南京錠は必要です。

私は南京錠の番号を忘れて、鍵屋さんでペンチで切ってもらい、新しく南京錠を買ったことがあります。

イギリスの大きな町では鍵屋さんがありますが、探すのが面倒なので日本から持って行きましょう。

第3位 ユースホステルで毎日洗濯するための便利グッズ!バスタオル

もちろん体を拭く時に使いますが、それよりも洗濯物の脱水で重宝します。

バックパッカーで1週間以上旅をするとなると洗濯をすることになります。

私は洋服は何日かに1回、洗濯機に放り込みますが、下着や靴下は毎日手で洗っていました。

その際、バスタオルに挟むと脱水の代わりになります。

第2位 ユースホステルでの滞在を快適に!サンダル

イギリスではホテルでもスリッパがないことが多いです。

ユースホステルではシャワーも共用で、設備によっては脱衣場とシャワーがしっかりと分けられていない所もあります。

濡れて良く、着脱もしやすいサンダルは便利です。

私は無印良品のラバースポンジサンダルを使っています。そこに厚さがあり、足が痛くならないので重宝しています。

MUJI white sponge sandal

第1位 ユースホステルでは物干しロープより折り畳みピンチハンガー!

下着や靴下を洗った後、自分のベッドにひっかけて使います。

ユースホステルには洗濯物を干す部屋もありますが、他の宿泊者の洗濯物が多く干されていて干す場所がないことが多々あります。

また男女共用なので下着などを干しづらいです。

私はロープを持って行きましたが、だらんと垂れてしまったりして使い勝手が悪かったです。

同室になった日本人バックパッカーさんがピンチハンガーに干しておられたのを見て、それ以降私も使い続けています。

便利グッズでユースホステルを快適に過ごしましょう!

  1. 折り畳みピンチハンガー
  2. サンダル
  3. バスタオル
  4. 南京錠
  5. 洗濯ネット
  6. 水筒
  7. 油性ペン
  8. ビニール袋
  9. のど飴
  10. 耳栓

以上、ベンジャミンの経験によるユースホステル宿泊時の持ち物ランキングでした。

イギリスでも売られていますが、使い勝手の良さや安さは日本の商品の方が勝るので、絶対に日本で揃えた方がお得ですし、必要なものがないことによる不安やストレスも旅行中は無い方が良いです。

あなたのユースホステル滞在が楽しいものになりますように!

目次
閉じる