ダーウィンが「種の起源」を執筆したダウン・ハウスを訪ねて

進化論で有名なCharles Darwin(チャールズ・ダーウィン)はLondon(ロンドン)の喧騒と大気汚染を避けるため、Londonから南東に約22km離れたKent(ケント州)にあるDowne(ダウン村)のDown House(ダウン・ハウス)に移り住みました。

目次

ダウン・ハウスへの行き方

London Victoria Station (ビクトリア駅) 
Southeastern Railway
Bromley South Station (ブロムリー・サウス駅) 
バス146番
Downe Church (ダウン・チャーチ)
徒歩10分
Down House

所要時間は約45分です。

Downeはかなり田舎で何もない村ですが、そんな所にLondonから1時間未満で行けるとは驚きです。

ダウン・ハウスの開館時間

Down Houseは現在English Heritage(イングリッシュ・ヘリテージ)が管理しています。

入館料£12.70
開館時間 水曜~日曜 10:00~16:00 

通常水曜日から日曜日まで開館していますが、週によっては開館日が異なるので、ホームページで確認してください。

ダウン・ハウスの歴史

建物はビクトリア時代のもので、最初は格子状の装飾はなく真っ白な家でした。

Darwin一家が引っ越してきて、外観から内部に至るまで手を加えたそうです。

Charles Darwinは40年間住み、この家の寝室で亡くなりました。

オールド・スタディ

DarwinがOn the Origin of Species by Means of Natural Selection(種の起源)を書いた部屋はThe Old Study(オールド・スタディ)です。

1870年代に撮影された写真を元に、彼が使用していた家具や実験器具等を忠実に再現しています。

建物内部の写真撮影は禁止されているので、オフィシャルサイトの写真を引用しています。

展示室には種の起源の原稿やDarwinの衣服も展示されていて興味深いです。

New Study at Down House
https://www.english-heritage.org.uk/visit/places/home-of-charles-darwin-down-house/history/significance/Down Houseオフィシャルサイトより引用

ガーデン

DarwinはDown Houseの庭で進化論を発展させたそうです。

私は冬に訪れたので、花が全然咲いていませんでした。

A Garden at Down House
夏にはきれいな花でいっぱいになると思います

庭の中に温室があり、その中でランが栽培されていました。

Darwinはこの温室でランの生殖研究をしたそうです。

orchid in the glasshouse of Down House
冬でもきれいな花を咲かせているランがたくさんありました

ダウン村

Down HouseがあるDowneにはCharles Darwinの妻Emma(エマ)が眠っているSt Mary’s Church(セント・メアリー教会)があります。

彼自身はWestminster Abbey(ウェストミンスター・アビー)にお墓があるので、別々のお墓にいるなんてかわいそうだなと思います。

Emmaのお墓はHigh Elms Road(ハイ・エルムズ・ロード)の近くにあります。

St Mary's Church in Downe
St Mary’s Churchのステンドグラスもきれいなのでぜひ見てください
The sign of Downe
Downeに到着したらまず目に入るサインです
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる