長時間の旅行もノーストレス!おすすめグッズを目的別に紹介!

ほぼ毎年イギリスに行くようになって、人から飛行機に慣れてるよね?と言われますが、何度も機内で乗り物酔いをしたり、風邪をひいたり、汚物袋のお世話になったり…と、しんどい思いを繰り返してきました。

日本からイギリスに行くには約12時間、帰りのイギリスから日本は約11時間のフライト。飛行機の中で半日すごすのは、結構つらい。

同じように長距離フライトで苦しんでいる人のために、私がいつも手荷物として持ち込んでいるアイテムを紹介します。

目次

長時間同じ姿勢でいる苦痛を和らげるアイテム

私は長時間同じ姿勢でいると、頭痛がひどくなって、気分が悪くなってしまうんですよね。一度気分が悪くなると、飛行機を降りてもずっとしんどいです。

そんな気分で旅行を台無しにされるのは嫌なので、使っているアイテムを3つ紹介します。

首を支えるネックピロー

ネックピローは座ったままで寝ても首を支えてくれるアイテムです。これがあるだけで頭痛が激減するので、本当に助かってます。

ネックピローには空気で膨らませるものと、中に詰め物が入っているものの2種類に大別されます。

それぞれメリット・デメリットがあります。

空気で膨らませるもの 中に詰め物があるもの 
メリット使わない時は小さく収まる
軽い
すぐに使える
形を変化させられるものがある
デメリット 自分で膨らます必要があるかさばる
ものによっては重い

私が今使っているのはGUAPO(グアポ)ネックピローです。

あわせて読みたい
肩こりさん必見!低反発ネックピローGUAPOを使った私の口コミを紹介!
肩こりさん必見!低反発ネックピローGUAPOを使った私の口コミを紹介!この記事では実際に低反発ネックピローGUAPOを使った私の体験レビューをお届けします。飛行機に乗っている時に、肩や首がこってしんどい思いをしたことはありませんか?...

これは中に芯が入っていて様々な形に曲げられるので、自分にフィットする枕を作ることができます。

中に芯が入っているので、ビーズが入った枕などよりは重く感じますが、クッションが効いていて、その重みもあまり感じません。

neck pillow

腰に回して腰痛予防にもなるし、お腹の前に置いて腕置きにしたりもできますが、私のお薦めの使い方は、寝ていない時は太ももの下に入れる、です。足の角度が少し上向くだけでだいぶん楽になりますよ。

むくみを防ぐフットレスト

フットレストは足を上げて、むくみを防ぐための便利グッズです。

空気で膨らませるタイプとテーブルにひっかけて使うタイプと2種類ありますが、ひっかけて使うタイプはお勧めしません。

なぜなら、テーブルが壊れる可能性があるからです。JALやANA、その他LCCでも禁止されているので買う意味がありません。

空気で膨らませるタイプは足元に置いて使いますが、座席によっては使用できません。

フットレストを置くことができるのは窓側や中央席となります。要は他の人が通る時に邪魔にならない席ということです。また、非常口の席でも使用不可です。

私が持っているのは、空気で膨らませるエアーオットマンと呼ばれているものです。

あわせて読みたい
足のむくみを解消できる?エアーフットレストの体験レビュー
足のむくみを解消できる?エアーフットレストの体験レビューフライト中に足がむくむことってありませんか?足がむくむと肩や首が凝ったり、頭痛がしたり、せっかくの楽しいフライトが台無しです。私はずっとむくみに悩まされて、...
foot rest

これの一番の利点は、膨らませる時に息を吹き込まなくても良いという事です。ポンプを押すと空気が入る仕様で、かなり便利。5分くらいで膨らみます。

膨らむと座席と同じ高さになるので、三角座りをします。足がむくまず、楽ちんです。膨らみが足りないと足がうまく置けないので、しっかりと膨らました方が良いですよ。

妹と一緒に乗った時は真ん中に置いて2人で使っていました。

飛行機内を歩き回るのに便利なサンダル

私は定期的に飛行機内を歩きます。あまり歩き回ると不審がられるので、トイレに行ったり、飛行機後部のギャレーにジュースを貰いに行ったり、いろいろ理由をつけて歩き回ります。

靴を履いたままだと足がしんどくなるし、席を立つたびに靴を履くのが面倒なので、いつもサンダルに履き替えています。

サンダルを選ぶときは、底が防水のものがストレスフリーです。

使い捨ての紙製とか布製のスリッパも便利ですが、トイレの床が濡れていることが多々あるので、水分が染み込まないものを選びましょう。

私は無印良品のラバースポンジサンダルを使っています。柔らかいので甲の部分をぺちゃんこにしたら、少し荷物が小さくなります。

MUJI white sponge sandal
無印良品公式サイトより

飛行機の中は極度の乾燥状態!保湿は必須

飛行機の中の湿度は10~20%に保たれています。日本の湿度は年間平均して50%くらいになるので、かなり低いことがわかります。

唇がカサカサになったり、おでこがテカテカになったりして、今すぐ顔を洗いたくなってしまいますよね。

飛行機内での保湿は必須です!手荷物に入れられるよう100ml以下の小瓶に入れておきましょう。

私が持って行くのは、Melvita(メルヴィータ)です。

Melvita Argan oil and rose floral water

アルガンオイルをつけてから、化粧水などをつけていくとすーっと肌になじみます。

大きいものはちょっと料金が高いので、まずはトライアルキットを使うのも手です。

長距離フライトの保湿におすすめのアルガンオイル!Melvita公式サイトはこちら

その他ロングフライトであると便利なもの

機内でも貰うことはできますが、自分のものを持って行く方が安心だと思っているもの2つを紹介します。

ロングフライトでは口の中も清潔に!

長距離フライトは、機内食が出ます。脂っこい食事もありますので、私は食事後に歯を磨きます。

口の中がスッキリするだけで気分が良くなりますよね。

大手航空会社は歯ブラシセットをトイレに置いている時もありますが、早い者勝ちでなくなってしまうので、持参する方が無難です。

機内の乾燥からのどを守るのど飴

私は搭乗ゲートを間違えてターミナルの端から端まで走った時、ゼーゼー言ってしまって咳が止まらなくなり、後ろの席の人がのど飴をくれて何とか治まった経験があります。

空港内でダッシュするなんて滅多にないと思いますが、機内は乾燥しているので、ちょっと咳が出てきた時にぱっと舐められる飴を持っておくと困りません。

飛行機内に持ち込むカバンを選ぶ

私はショルダーバッグとリュックサックを機内に持ち込みます。

ショルダーバッグは貴重品など、細かいものを入れて、リュックサックに便利グッズを入れます。

ショルダーバッグ

私のショルダーバッグはThe Cambridge Satchel Company(ケンブリッジ・サッチェル・カンパニー)です。奥行きがあって容量ががあり、丈夫です。そのまま街歩きにも使えて重宝しています。

Cambridge Satchel Company

本革製なのでお手入れが必要ですが、私は旅行前後にカバンを拭くくらいで、他に何もしていません。

海外旅行はいつも持たないパスポートや航空券などを入れるので、たくさんの物を入れられて、出し入れやすいのがポイントです。

【正規品】 ケンブリッジサッチェルカンパニー サッチェルバッグ レディース ラージタイプ トラベルバッグ サイドポケット付き レザー ブルー 通勤 通学 旅行 TRPLG1005MBB10101

リュックサック

リュックサックはMOZを愛用中です。口が大きく開いて、ポケットに水筒を入れられるリュックサックを選びました。

moz backpack

がま口のリュックサックがありますが、物の出し入れにがま口を全て開けないといけないのが面倒なことと、がま口が金属のためその分重くなってしまうのが難点です。

その点、ファスナーは小さいものを入れる時は少し開ければいいので、飛行機の狭い席でごそごそするのを防げます。

長距離フライトを快適に過ごすお薦めグッズまとめ

私がフライト中に使用して良かったものをご紹介しました。

2、3時間のフライトでもしんどい時は憂鬱になってしまって、旅行が楽しくなくなります。上記のグッズを使って、少しでも機内での苦痛を和らげられると良いですね。

それでは、良いフライトを!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる