コッツウォルズおすすめガーデン ヒッドコート・マナー・ガーデン

Cotswolds(コッツウォルズ)を旅行するとなると小さな村々を巡りがちですが、イギリスを代表する有名なガーデンもCotswoldsには点在しています。

その中の1つがHidcote Manor Garden(ヒッドコート・マナー・ガーデン)という庭で、Chipping Campden(チッピング・カムデン)の近くにあります。

目次

ヒッドコート・マナー・ガーデンへの行き方

Londonからの行き方(電車とタクシー利用)

London Paddington(パディントン駅)
Great Western Railway(グレート・ウェスタン鉄道)
約1時間40分
Honeybourne(ハニーボーン駅)
タクシー
約15分 (£20.00くらい)
Hidcote Manor Garden

コッツウォルズには流しのタクシーはいないので、あらかじめ予約しておきましょう。駅にもタクシーがいない場合が多々あります。

Londonからの行き方(電車とバス利用)

London Paddington(パディントン駅)
Great Western Railway(グレート・ウェスタン鉄道)
約1時間30分
Moreton-in-Marsh(モートン・イン・マーシュ駅)
Johnson’s Excelbus(ジョンソンズ・エクセルバス)2番
約40分
Hidcote Boyce(ヒッドコート・ボイス)
徒歩20分
Hidcote Manor Garden

バスの本数が少ないので、Hidcote Boyceに到着したら帰りのバスの時間を確認しておきましょう。

チャータータクシー利用

Cotswoldsを巡るのに最も自由度が高いのがタクシーのチャーターや、プライベートツアーです。Cotswoldsはバスの路線が網羅されていますが、田舎なので本数がかなり少ないのが難点です。

日本語対応可のプライベートツアーの予約はこちら

運転できる人はレンタカーを借りるのも良いと思います。ただ、イギリス人は細い道でもスピードを出すので慣れるのが大変かもしれません。

私の場合はホストファミリーが連れて行ってくれましたが、心配するぐらいにスピードを出してました。日本とスピードの感覚が違うのかな?

ヒッドコート・マナー・ガーデンとは?

Hidcoteは元々ファームハウスでした。1907年にアメリカ人のLawrence Johnston(ローレンス・ジョンストン)少佐が移り住み、庭を造りました。彼の庭はアーツアンドクラフツ運動の影響を受けており、それぞれの庭が生け垣などで区切られています。

1948年にNational Trust(ナショナル・トラスト)に寄贈され、今に至っています。

入場料(3月~10月)£14.20
開館時間(3月~10月) 毎日11:00~16:00
入場料(11月~2月)£8.60
開館時間(11月~2月)土日のみ11:00~16:00 

現在、Hidcote Manor GardenはNational Trustが管理しているので、会員は無料で入場することができます。

ヒッドコート・マナー・ガーデンを散策しよう

メイプル・ガーデン

The Maple Garden(メイプル・ガーデン)には、Lawrence Johnstonが集めた東アジアの植物が植えられています。

The White Garden at Hidcote Manor Garden

Hidcote Mnor Gardenで最初に見る庭です。まずこの庭の美しさにテンションが上がります。

フクシア・ガーデン

The Fuchsia Garden(フクシア・ガーデン)は、植物よりも2羽の小鳥のトピアリーに目が行く庭です。フクシアはHidocoteの様々な庭で見ることができました。

topiary at Hidcote Manor Garden

ちなみにフクシアという花はこんな花です。濃い赤色やピンク色の花もあります。小さくてかわいいです。

Fuchsia at Hidcote Manor Garden

ベイシング・プール・ガーデン

The Bathing Pool Garden(ベイシング・プール・ガーデン)の中央には噴水があります。

昔、この噴水は本当に水浴び用のプールとして使われていました。

The Bathing Pool Garden to the Fuchsia Garden at Hidcote Manor Garden

生け垣のアーチと噴水、小鳥のトピアリーが一直線に並んでいて、ザ・イングリッシュ・ガーデンのような写真が撮れます。

レッド・ボーダー

The Red Border(レッド・ボーダー)は主に赤い花や植物でボーダーを作っている庭です。

奥に見えるガゼボと赤い花で、少しおしゃれな雰囲気です。

The Red Border at Hidcote Manor Garden

開館中も庭師がお庭の手入れをされていました。手入れされていないように見えて、実は隅々まで雑草が取り除かれていたりします。

スティルト・ガーデン

The Stilt Garden(スティルト・ガーデン)は四角く枝葉が刈られた木が整列している庭です。

Stiltとはセイタカシギという鳥の名前で、細い足がスラっと伸びた様が木の形によく似ています。

The Stilt Garden at Hidcote

上を見ると木々が壁のようになって視界を遮りますが、下を見ると木が等間隔に植えられているのがわかります。

ピラー・ガーデン

The Pillar Garden(ピラー・ガーデン)は円柱形に剪定されたイチイの木が並ぶ庭です。柱の周りに植物が植えられていてシンプルな庭でした。

The Pillar Garden at Hidcote Manor Garden

ロング・ウォーク

The Long Walk(ロング・ウォーク)は生け垣に囲まれた芝生の道で、200m以上の長さがあります。

the long walk at Hidcote Manor Garden

芝生が気持ち良くて走り回りたくなってしまいます。

セントラル・ストリーム・ガーデン

The Central Stream Garden(セントラル・ストリーム・ガーデン)は小川の周りに映える植物を観察できます。

small river at Hidcote Manor Garden

ビーチ・アリー

The Beech Alley(ビーチ・アリー)の意味はブナの木の小道です。

The Beech Alley at Hidcote Manor Garden

ここは少し離れた場所にあるので、人が少なかったです。

ローズ・ウォーク

The Rose Walk(ローズ・ウォーク)は、バラだけでなく様々な花が咲く野原のような庭でした。

The Pillar Garden at Hidcote Manor Garden

自然がいっぱいのヒッドコート・マナー・ガーデン

生け垣の中に鳥の巣を見つけました。間近で見るのはツバメの巣以来かも。自然がいっぱいのHidcoteならではです。

a bird nest at Hidcote Manor Garden

Hidcote Manor Gardenには25種類の庭があり、それぞれに個性があります。

私は2時間の滞在でしたので、端から端まですべての庭を回ってはいませんが、それでも様々な庭を見ることができました。

イギリスの代表的な庭と言われているHidcote Manor GardenをCotswolds観光に組み込んではいかがでしょうか。

 ↓コッツウォルズの記事はこちら↓

目次
閉じる