マンチェスターのお得なホテル イビス・マンチェスター・センター・プリンセス・ストリート宿泊記

ibis guideイギリス
スポンサーリンク

住所:Charles Street
Princess street
Lancashire
M1 7DG
Manchester
United Kingdom

ibis Manchester Centre Princess Street(イビス・マンチェスター・センター・プリンセス・ストリート)はManchester Oxford Road Station(マンチェスター・オックスフォード・ロード駅)とManchester Piccadilly Station(マンチェスター・ピカデリー駅)の中間にあるエコノミーホテルです。

Manchester Oxford Road Stationからは徒歩5分、Manchester Piccadilly Stationからは徒歩10分の立地で、重いスーツケースを運ぶのにも便利です。

なぜかGoogle Mapではイビス・マンチェスター・チャールズ・ストリートという名前になっていますが、オフィシャルサイトではプリンセス・ストリートと記載されています。

ibis(イビス)というホテルはフランスのホテルチェーンAccor(アコー)のブランドの1つで、ibisブランドはAccorグループのエコノミーホテルチェーンです。

イギリスにも多くのホテルがあり、Manchesterには、ibisの他にibis Stylesやibis Budgetといった同じ系列のホテルがいくつかあります。

その中でもibis Manchester Centre Princess Streetは立地の便利さと料金を見るとお値打ちです。

イビス・マンチェスター・センター・プリンセス・ストリートの予約はこちらからどうぞ>>

ibis Manchester Centre Princess Streetにはフロントがありません。

私は23時過ぎに到着し、ホテルのドアを通ると、フロントがなくてスタッフも誰もいなくて焦りました。

ibisブランドは格式張った高級ホテルではなく親近感のある雰囲気を作るため、このようなシステムになっています。

スタッフはすぐに事務所から出てきてくれました。

制服もポロシャツで、チェックインはスマートフォンを使っていました。

チェックアウトもその辺にいるスタッフに声をかけて部屋番号を言うと、スマートフォンで確認して終わりです。

拍子抜けしますが、チェックインやチェックアウトでフロントに並ぶ必要がないのはすごく時間短縮になります。

front desk at ibis Manchester Centre Princess Street
このデスクがフロント?です

ibis Manchester Centre Princess Streetにはダブルとツインの部屋タイプがあります。

どちらも16㎡で、デスク、テレビ、ワードローブ、ポットと紅茶のセットが備わっています。

私はDouble SweetRoom by ibis(ダブル・スウィートルーム・バイ・イビス)という名前のダブルに泊まりました。

ibisブランドは世界中のどこでも同じ雰囲気で統一しています。

日本にもありますが、壁の装飾の雰囲気が似ていました。

double sweetroom by ibis at ibis Manchester Centre Princess Street
広さも十分。スーツケースを広げられます。

トイレ・シャワーは各部屋にありますが、中にアメニティはありません。

シャンプーとボディソープが一緒になった不思議なシャンプーだけ置いてありました。

日本とは違い、イギリスのエコノミーホテルにはアメニティが一切無いのが常識です。

シャワーの水圧もあり、清潔感がありましたが、ドアの隙間から水がトイレ側に出てしまうのが残念でした。

ちなみにシャワーの水圧は全世界統一されているそうですので、どこのibisに行ってもシャワーの水が少ししか出ないという心配はありません。

shower room of double sweetroom in ibis Manchester Centre Princess Street
きれいなバスルームは必須です

朝食はビュッフェスタイルです。

1階にFOGG’Sという名前の朝食会場があり、スタッフに部屋番号を伝えて食事をします。

私が6:30頃に行くとスタッフがいなかったのですが、勝手に朝食を取っていたらスタッフが部屋番号を訊きに来ました。

ホテルのお薦めはアボカドトーストで、トーストの上にアボカドを載せてレモンを絞りかけるものです。

Flogg's at ibis Manchester Centre Princess Street
エレベーターを降りるとすぐ朝食会場です
hot food buffet at ibis Manchester Centre Princess Street
お皿に盛ったらイングリッシュ・ブレックファストの出来上がり

卵料理、ベーコンやソーセージもあるので、自分でイングリッシュ・ブレックファストにすることもできます。

日本では見られないbaked beans(ベイクド・ビーンズ:大豆のケチャップ煮)もあってうれしい限りです。

どれもおいしくて、お腹いっぱい頂きました。

ありがたかったのは、リンゴやオレンジが切らずに置いてあることです。

私は青リンゴを1つもらって、部屋でテレビを見ながらかじりました。

breakfast at ibis Manchester Centre Princess Street

私は利用しませんでしたが、FOGG’Sはランチとディナーもしているそうです。

また、朝食会場の隣にはバーカウンターがあります。

ランチタイムと夜に営業しているそうで、こちらも私は利用しませんでしたが、ちょっとしたお酒を飲めるようになっています。

bar counter at ibis Manchester Centre Princess Street

バーの近くにはサッカーゲームもあります。

朝早かったので誰も遊んでいませんでしたが、イギリス人が好きそうだなと勝手に想像しました。

football game at ibis Manchester Centre Princess Street

ibis Manchester Centre Princess StreetからMancheter中央部の主要な観光名所は歩いていくことができるので、とても便利です。

私は8時くらいから9時くらいまで市内中心部を散歩しましたが、Manchester Cathedral(マンチェスター大聖堂)やManchester City Hall(マンチェスター市庁舎)を見て回ることができました。

また、AccorグループのメンバーシップカードALL(Accor Live Limitless)に入ればポイントもたまります。

日本でもAccor系列のホテルは増えており、メンバーはステータスに合わせて様々な特典を受けることができます。

ヨーロッパにも行く機会がある人は入会すると良いと思います。

イビス・マンチェスター・センター・プリンセス・ストリートの予約はこちらからどうぞ>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました