ロンドン眺望の穴場、ロンドン大火記念塔 登ってみると意外と高い

1666年9月2日、1件のパン屋で発生した火事は瞬く間に燃え広がり、4日間でLondon(ロンドン)のほとんどを燃やし尽くしました。

The Great Fire of London(ロンドン大火)からの復興を記念して建てられたものがThe Monument(ザ・モニュメント、ロンドン大火記念塔)です。

この塔はSt Paul’s Cathedral(セント・ポール大聖堂)を建てた建築家Sir Christopher Wren(サー・クリストファー・レン)によって1677年に完成しました。

頂上にある金色の像は炎を表わしています。

高さは61mありますが、The Monumentが立つ場所から61mの所に火元のパン屋があるそうです。

今ではThe Momentよりも高いビルが数多く建っており、The Shard(ザ・シャード)London Eye(ロンドン・アイ)の方がより高い所からLondonを眺められます。

あまり観光客が来ないようで、私が上った時は他にはカップルが1組だけでした。ロンドンを上から眺める穴場中の穴場です!

地下鉄の最寄り駅は本数の多いDistrict Line(ディストリクト・ライン)とCircle Line(サークル・ライン)、バスも多く走っているので気軽に行くことができます。

地下鉄最寄り駅 Monument, District Line・Circle Line
バス17、21、43、48、133、141、149、521 

Sky Garden(スカイ・ガーデン)やLondon Bridge(ロンドン・ブリッジ)も近いので、まとめて訪れることも可能です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる