ロンドン眺望の穴場、ロンドン大火記念塔 登ってみると意外と高い

1666年9月2日、1件のパン屋で発生した火事は瞬く間に燃え広がり、4日間でLondon(ロンドン)のほとんどを燃やし尽くしました。

The Great Fire of London(ロンドン大火)からの復興を記念して建てられたものがThe Monument(ザ・モニュメント、ロンドン大火記念塔)です。

この塔はSt Paul’s Cathedral(セント・ポール大聖堂)を建てた建築家Sir Christopher Wren(サー・クリストファー・レン)によって1677年に完成しました。

頂上にある金色の像は炎を表わしています。

高さは61mありますが、The Monumentが立つ場所から61mの所に火元のパン屋があるそうです。

今ではThe Momentよりも高いビルが数多く建っており、The Shard(ザ・シャード)London Eye(ロンドン・アイ)の方がより高い所からLondonを眺められます。

あまり観光客が来ないようで、私が上った時は他にはカップルが1組だけでした。ロンドンを上から眺める穴場中の穴場です!

地下鉄の最寄り駅は本数の多いDistrict Line(ディストリクト・ライン)とCircle Line(サークル・ライン)、バスも多く走っているので気軽に行くことができます。

地下鉄最寄り駅 Monument, District Line・Circle Line
バス17、21、43、48、133、141、149、521 

Sky Garden(スカイ・ガーデン)やLondon Bridge(ロンドン・ブリッジ)も近いので、まとめて訪れることも可能です。

The Monumentに近づくと、遠くから見る印象とは異なり、実は大きな塔だということがわかります。

入場料は£4.50で夏期は9:30~18:00まで開いています。Tower Bridge Exhibition(タワー・ブリッジ・エキシビション)とのセットチケットもあります。

入場料£4.50
開館時間 (4月~9月)9:30~18:00
開館時間 (10月~3月) 9:30~17:30 

もしセットで行くなら先にThe Monumentに上りTower Bridgeに行く方が、疲れがないうちに階段を上ることができると思います。

The Monument the Great Fire of London
The Monument 四角い部分が展望台です

311段の階段を上ると、展望台に到着します。

階段は狭い上に踊り場がなく、上るのも下りるのも同じ階段です。

一気に上らなければならず、かなり疲れました。

Staircases of the Monument
こんな階段を311段上ります

最上階からはTower Bridge、The Shard、London Eye、St Paul’s Cathedral、Cityに建つ高層ビルを見ることができます。

360度の景観を楽しむことができるので、ぜひ上ってみてください。

View from the Monument
The Monumentから見たTower Bridge
目次
閉じる